3月16日のスタッフブログで紹介しましたように、

3月7日阿蘇市で「GMOフリーゾーン全国交流集会inくまもと」の全国大会が開催されました。

この運動は、遺伝子組み変え作物(GMO)を作らない地域を広げ、

地域に根付いた種子と固有の農業を守ることにより、食文化を守り、

地域の自然と共生している人々の暮らしを守る運動です。

シンポジウムでは、『GMOフリーゾーンを地域に広げよう』をメインテーマに、

地元熊本のメーカーの一人として参加させていただき、

パネラーとして大変貴重な経験をさせていただきました。

 

DSC_3997

北は北海道から、南は九州まで約480名の参加者の方々に、

弊社の取り組みや、遺伝子組み換え作物の問題点として、

消費者に正確な情報が伝わっていない点や

表示の義務付けの矛盾点などを話させて頂きました。

DSC_3994

当日は、懇親会にも出席しましたが、参加者の方々の意識の高さに色々と勉強になった2日間でした。

DSC_3984

会場内の展示コーナーで弊社スタッフと弊社の取り組みを説明させていただきました。

DSC_3371

テーマ:~生物多様性の阿蘇の草原から発信!永遠に育む有機の大地~

シンボルボードにも阿蘇五岳のイラストが。