九州の醤油・味噌なら熊本県宇城市の松合食品

お問い合わせはお気軽にどうぞ。 0964-42-2212

お電話受付時間:8時~19時

毎日の健康を作るレシピ

にんにくみそで作る韓国風のり巻き『キンパ』

韓国風のり巻き『キンパ』
日本の巻き寿司と一番違うのは、酢飯ではなく、ごま油といりごま、塩をご飯に和えたものを使います。
中身の具材は、にんにく味噌で甘辛く味付けた牛肉、ほかはあり物の具材で!
華やかで、ごはんとおかずがこれ1本で食べられるので、レジャーやホームパーティにいかがでしょう?

このレシピの分量は、約2本分にしていますが、実際は具材が余ります。
ご飯の量を調節して、一度にたくさん作るほうが効率的です。
余った具材はお弁当のおかずにもぴったり!
材料
  • 白ご飯茶碗1杯分くらい
  • ごま油大さじ1程度
  • 白いりごまお好みの量
  • 牛肉こま切れ、スライスなど100g
  • サラダ菜、きゅうり、大葉など巻きたい野菜適量
  • たまごやき卵1個分
  • にんじん半分
  • 寿司のり全型2枚
  • にんにくみそ大さじ1杯強
  • 適量
作り方
①白ご飯に、ごま油、いりごま、塩を混ぜて、程よくパラパラで良い塩加減のご飯にします。温かければ冷ましておいてください。
②牛肉をフライパンで炒めて、にんにくみそで味付けます。最後に少ししょうゆをふりかけ、濃いめの味がおすすめです。
③卵焼きはこだわりのつゆの味付けだけで美味しくできます。細長く切っておきます。
④にんじんのきんぴらは、ごま油で炒めて、旨酢タレを適量入れて味付け完了。
⑤サラダ菜、大葉、きゅうりは細切りで用意します。ほかに、茹でたほうれん草、魚肉ソーセージやたくわんなどお好みのものもOK!
⑥具材の準備ができたら、巻きすに海苔を置いて、①のご飯を半分だけ伸ばします。このとき、ご飯は米粒1個分くらいの薄さで、薄く伸ばしたほうが巻きやすいです。
⑦②~⑤の具材をご飯の上にのせて、巻きすで巻いていきます。日本の太巻きと違って、直径4~5㎝くらいの細い巻きにします。のりは二重に巻くようになります。
 のりの最後の部分に、にんにくみそを少量つけて、巻いたのりが留まるようにしておきます。
⑧巻けたら、最後にのりの表面にごま油をまんべんなく塗って(少量垂らしてコロコロ転がすだけ)、いりごまをまぶして完成です。一口大になる厚さで切り分けていただきます。
今回使用したヤマア食品

PAGE TOP