九州の醤油・味噌なら熊本県宇城市の松合食品

お問い合わせはお気軽にどうぞ。 0964-42-2212

受付時間:平日・土曜 8時〜19時
                 日曜・祝日 9時〜18時

社長の部屋

自社にんにくを収穫・フランス特派員誕生

2022年05月26日

宇土の自社畑でのにんにくの収穫がおわりました。

皆で力を合わせて収穫しました

昨秋の植え付け時より、雑草取りなど地道な作業を続けてまいりましたが、

やっと収穫を迎えることができましてほっとしています。

今年のにんにくは例年より少し小ぶりのようですが、それなりの量は確保できそうです。

毎日、暑い中に、社員さん数名がにんにく収穫に励んでいます。

収穫しましたにんにくは、工場に持ち帰り、手作業での選別作業をおこないます。

浦﨑ニンニクマン 弊社農場長は、満面の笑み

その後、保存したのちに、弊社のにんにく味噌やプレミアムニンニク味噌の原料となります。

皆さま方のお手元に届くのが本当に楽しみです。

皆さま楽しみにおまちくださいませ。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【フランス特派員誕生】

先週、弊社社員の吉井さんが渡仏し、パリやニースを拠点に弊社のこだわりの商品を広めてくれることになりました。

小さな一歩ですが、少しづつでも弊社の商品がフランスからヨーロッパに広まっていければと思っております。

彼女は、先月末には、一緒に弊社の麦研修会に参加し自社麦畑や契約農家様の麦畑を皆で見て回り原材料の確かさも目で確かめております。

契約農家様の麦畑研修中の吉井さんとカメラ女子社員さん

英語・フランス語が堪能なので、海外での言葉の問題はありません。

弊社のこだわりのひとつである安全・安心な商品を海外の方々にどれだけ理解していただけるか楽しみでおります。

元気に育っている麦の穂

麦畑研修会

2022年05月09日

風薫る五月となり、昼間はずいぶん暑くなってもまいりましたが、皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと思います。

さて、先日(4月25日)に菊池・七城・旭志の無農薬麦契約農家の皆さまの収穫前の圃場を周り、麦の研修会を行いました。

今回の参加者は22名。

原 誠一松合食品麦生産部会長はじめ、東 博己さん、高野 三喜夫さん、  村上 保夫さんそしてご家族や研修生の方々。

熊本の自然栽培・有機農業の世界では知らぬ人がいないといわれるそうそうたる方々に無農薬無化学肥料で弊社の醤油味噌の原料となる麦を生産していただいております。

若い研修生の方々の参加も増えて平均年齢がぐ~んと下がりました。

農業担い手の高齢化が叫ばれている中、弊社の契約農家の方々のメンバーは毎年新しい素晴らしい人達が加わり本当に頼もしく喜ばしい限りです。

麦の種類は、醤油の原料となる小麦(チクゴイズミ)、味噌の原料となる裸麦(イチバンボシ)その他小麦(ミナミノカオリ)やもち麦、幻の麦(生産者の皆さまは果敢に挑戦されておられます)など様々です。

七城でお借りしております自社農場の麦も、皆様のアドバイスとご指導のおかげをもちまして、今までで一番素晴らしい出来になっており、皆大喜びで、収穫が本当に楽しみです。

契約農家の皆さまの畑も素晴らしい麦の生育状況で、本当に感謝いたしております。

このまま好天が続けば素晴らしい麦がたくさん収穫できそうです。

日本の食料自給率を上げるためにも頑張ってまいります。

今回は、渡仏前の吉井万紀子さん(先日子どもまつりで講演してもらった)とカメラ女子の社員さんにも参加してもらって内容の濃い勉強会ができました。

この素晴らしい麦を原料に丁寧に発酵させ、素晴らしい醤油・味噌を皆様に丁寧にお届けしたいと参加者全員で思いも新たにいたしました。

『こども』まつり開催します

2022年03月25日

朝夕はまだまだ寒いのですが、昼間は温かくなってまいりました。

開花をまちわびておりました本社・工場内の桜も咲いてまいりました。

海越えに見えます遠くの山々は春霞でぼんやりとみえます。

さて、明日3月26日(土曜日)に本社にて、『子供まつり』(こども食堂併設)を開催いたします。

今回の目玉は、元スタッフの吉井万紀子さんによる海外体験談話会です。

彼女は中学卒業後、単身カナダへ渡り地元カナダの高校、大学を卒業、そしてカナダにて就労。

その後、日本に帰国されてから、私どもと吉井さんは知り合いまして、弊社でデザイン、貿易等の仕事をしていただき数々のうれしい功績をのこしていただきました。

海外への夢を持ち続けられており、再度フランスへ渡り、フランスの大学に入学され現在に至っておられます。

現在、一時帰国中でおられますので、吉井さんの海外体験、語学の習得・勉強法等、彼女からみた世界・日本についていろいろお話していただきたいと思います。

私も彼女の話を聞くのは楽しみです。

ご参加いただきました方々が少しでも海外を身近に感じて海外に目を向けていただく機会にしていだだければ幸いです。

一日も早く世界に平和が訪れますように祈ります。

梅の花が咲き始めています

2022年02月06日

立春を過ぎましたが、ここ九州でもまだまだ寒い日が続いています。

春告草とはよく言ったもので、工場回りの梅が咲き始めました。

毎年、寒い中に梅のつぼみが膨らんで咲き掛けると、「ああ、春が近づいているのだなあ」と、

実感いたします。

松合本社敷地内の梅の木は、何十年も消毒無しで無施肥なのですが、

有難いことに、毎年毎年、必ず梅の実がなります。

昨年は梅の実が少なかったので、今年は多くの実がなるのではと期待しております。

こだわった紫蘇の葉で付けた梅干しもたくさんございます。

今年はこのたくさんの梅干しを有効活用しなければと思っているところです。

梅干しにご興味のあられる方はご連絡ください。

晴天の日の本社直売所からの景色はすばらしいです。

キラキラと輝くオーシャンビューとマウンテンビュー。

特に屋上からの眺めは最高です。

屋上に足湯を設置して温泉のお湯で、

皆様にリラックスしていただきたいと心秘かに考えているところです。

足湯の設備はすでに準備しておりますので、いつの日かお楽しみに。

対岸からの弊社全景

新年のご挨拶を申し上げます

2022年01月02日

旧年中は格別のお引立てを賜りまして、誠にありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

「阿蘇草原応援企業サポーター認証制度」で認定されました

2021年12月31日

この度、熊本県は阿蘇の草原維持活動に積極的な企業・団体を認証する『阿蘇草原応援企業サポーター認証制度』を創設され、初回認定企業として弊社が認定いただけました。

【 熊本県庁にて蒲島熊本県知事さんより認定証をいただきました】

公益財団法人阿蘇グリーンストック様への永年、寄付と人的支援(社員による野焼き・輪地切りへの参加)、耕作放棄地での無農薬大豆栽培を行わせていただいていますことがご評価いただけたのではと思います。

弊社は、阿蘇で農薬や化学肥料を使わずに大豆を栽培させていただいており阿蘇の恵みの恩恵にあずかっております。

現在は、イノシシや鹿が畑の周りに出没し、鳥獣対策等が大変ですが、この取り組みは継続していかねばと思っております。

【阿蘇波野の弊社大豆畑で弊社社員による農作業風景】

何より阿蘇の自然美の素晴らしさは格別です。

心も身体も癒やされる素晴らしい温泉も沢山あります。

この自然豊かな阿蘇を守るため、微力ながら今後もこのような活動を継続していきたいと思っております。

本社直売所で、曾祖父 松浦 源七(1850年生まれ)の写真パネルと私(1950年生まれ)

写真は明治初期の私の曾祖父 松浦 源七による醤油販売の様子です。

尊敬する曾祖父に今回の価値ある受賞の報告をしました。

本年中は、大変お世話様になりまして感謝申し上げます。

来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

『子ども食堂』

2021年12月09日

先日、弊社の本社直売所にて「子ども食堂」を開設いたしました。

今までも、このような活動に支援させていただくことはあったのですが、自社では初めての取り組みでございました。

地元の熊本日日新聞でもご紹介いただき、当日は多くの方々にご来場いただきまして、心より感謝申し上げます。

【令和3(2021)年11月26日 熊本日日新聞 掲載】

今回はコロナ禍でもございますので、弊社の取引先様のお弁当を配らせていただくことにいたしました。

また、子どもさんたちのお役に立てるのではないかと思いましてノートと鉛筆もプレゼントいたしました。

お天気にも恵まれ、ご来場いただいた皆様には喜んでいただけたのではないかと思います。

私たちも、子どもさんたちの笑顔から、たくさんの元気をいただきました。

これからもこのような活動を継続していきたいと思っております。

天然醸造丸大豆しょうゆ

2021年11月06日

この度、全国醤油品評会において、天然醸造丸大豆しょうゆが栄えある優秀賞をいただきました。

天然醸造丸大豆しょうゆ 

全国醤油品評会は、その年に造られた全国の醤油から特に優れたものを審査・選考して表彰する業界の催しです。

  

栽培期間中、農薬や化学肥料を一切使わずに育てた熊本県産の丸大豆や菊池・七城産の小麦を使い、1年以上発酵させて造り上げるこだわりの丸大豆しょうゆの受賞は本当にうれしいです。

  

全国の醤油各社様が出品されます品評会において、丸大豆しょうゆの味や香りを高くご評価いただけましたこと心より感謝申し上げます。

  

専門家の方より、「このお醤油はとても良いですね!日本一になってもおかしくない出来栄えですよ。」と、ありがたいお言葉をいただいており、過年「さくら」でいただきました『農林水産大臣賞』を夢みていたのですが、一歩及ばずでした。

  

これからも皆様により良い製品をお届けすることが出来ますよう、一生懸命、発酵技術の向上を目指して張っていく所存です。

何卒よろしくお願い申し上げます。

最近の農場の状況をお仕えします。

現在、地元の農場での無農薬にんにくの植え付けで担当者は忙しいです。

このにんにくは自社のこだわりのにんにく味噌の原料になります。

にんにくみそ

また、11月4日は菊池・七城で麦の契約栽培をしていただいています生産者の方々との会議でした。3世代に亘って30年以上お付き合いのある方もおられ ます。

  

丸大豆しょうゆに使わせていただく小麦、味噌に使わせていただく裸麦を栽培していただいております。

  

本年の作付け等の協議や意見交換等をさせていただきました。

  

この生産者の方々との長年にわたる素晴らしい関係に感謝し、大切な農産物を素晴らしい製品にそだてていくよう頑張ります。

生産者の皆様方にも今回の受賞を、ことのほか喜んでいただきました。

弊社会議室にて麦生産者の方々と

稲刈り終わりました

2021年10月23日

先週、宇土にある弊社直営田んぼの稲刈りが終わり新米が収穫出来ました。

2021年10月14日の稲刈りの様子です。スタッフ一同、満面の笑顔です。

収量は昨年の7割程でしたが、なかなか良い出来のようです。

収穫量は天候の具合もありますが、ジャンボタニシの影響により収穫量減となりました。

薬を使えば簡単に駆除できるのでしょうが、無農薬で作っていますので、

ジャンボタニシを手で駆除するのは大変でした。(赤い塊がジャンボタニシの卵です)

ちょっと油断すると、苗が食べられたりしています。

2021年8月6日の稲の様子(写真右下隅がジャンボタニシの被害にあったところ)

ジャンボタニシは、食用に外国から導入されてたようですが、現在は食べる人はいないようです。

これから、にんにくの植え付け、大豆の収穫、麦の植え付けと続きます。

柑橘類(甘夏や晩白柚)の世話まで手が回らないことが悩みです。

日本は、大豆の自給率6%と小麦の自給率13%と言われています。

最近の食糧事情によれば、

日本の気候は麦より米栽培に適しているように思えます。

実際、私共も無農薬での麦栽培には苦労しています。

今年は、お米は余ってしているようですので、

もっと日本人の主食であるお米を食べるようにしたが良いと思います。    

お米とお野菜と具だくさんの味噌汁、これが日本人の健康の秘訣ではと思えます。

「食育」としては、学校給食においてももっとお米主体の和食を増やしたほうが良いのではと思います。

私は「まいにち米粉」という本を読んで、米粉パン等いつか作ってみたいと考えています。

玄米酢をテレビでご紹介いただきました

2021年08月31日

2021年8月19日にTKUテレビ熊本さんの朝の情報番組『英太郎のかたらんね』の「まうゴツ!よかコツ!」のコーナーでお酢の特集があり、弊社の『玄米酢』を取り上げていただきました。

   

  

当社の玄米酢の原料の玄米は、私たちが自社の農場で、無農薬で育てている玄米のみを使っております。

  

純米酢は玄米で玄米麹を作り、アルコール発酵させて玄米酒を造り、さらに酢酸発酵・熟成させて『玄米酢』に育てます。

  

  

また、お料理のコーナーでは、弊社の商品開発スタッフ(管理栄養士)が『玄米酢』を使った3種のレシピーの実演もさせていただきました。

 

  • 夏野菜のマリネ
  • そうめんの緑酢(みどりす)かけ
  • クラフト果実酢(クラフトフルーツビネガー)

(かたらんねさんのHPでレシピー紹介されてます)

  

実際、家庭でつくってみましたが、どれも簡単でとても美味しかったです。

ちなみに、私は玄米酢の炭酸水割りを毎日2~3杯飲んでいます。

数年前から始めましたが、飲み始めてすこぶる体調が良くなったような気がします。

  

『玄米酢』に感謝の毎日です。

  

弊社は、昔から醤油・味噌とともに酢も製造しておりましたが、熊本県内でも酢の醸造元としては、知名度が低いので、『英太郎のかたらんね』さんでご紹介いただきまして感謝いたしております。

  

これからも原料にこだわり、日本に誇る発酵調味料「味噌」「醤油」「酢」を大切に作り続けてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP